FC2ブログ
ご心配おかけしました。
2005 / 08 / 28 ( Sun )
この記事は私のごく個人的な気持ちを 言葉を選んだりしないで書きたいと思います。 正直、仕事柄お客様の目にも留まるかも知れないと、 気を配ってきた事もありました。 私としても、トリマーの前に、一愛犬家だと言う事をご了承下さい。 朝方に第一子を無理に取り出してから、 (詳しくは書きません。かなりの状況でした) 次の陣痛どころか、胎盤の排出すらしませんでした。 それでも、まだ病院の空いてる時間にはまだまだやし・・・ ベビーにお乳を吸わせても息む様子はないし。 だましだまし、陰部に指を入れて刺激を与えたりしたけど、 10:00すぎに緑の液体が出るようになりました。 第一子の胎盤なのか、残っている子の胎盤剥離を起こしているのかの、 判断なんて付くはずなくて、急いで病院に走りました。 腕の中で、むずがることもなくてじっとしているるな。 ギリギリまで帝王切開は避けたかったのだけれど、 陣痛の強さを触診してもらっても、弱いし。 ワンコにも陣痛促進剤があるけど、 ものすごくリスクが高い(強すぎると子宮が破裂するって・・・)から、 ”切って取り出してください”とお願いしました。 その際、子宮の摘出も一緒にしてもらう決意をして、 不安そうにしているるなを預けてきました。 胎児の状態が悪いので、死産になるかもしれないと言われたけれど、 病院に預けたらもう私の手は離れるし・・・ 本当につかれた。寝てないしね。 そんな状態で病院から帰ってご飯を食べて、寝てました。 第一子は「ピーピー」言ってうるさいです(笑) で、先ほど、病院のから電話が掛かってきました。 「赤ちゃんは3匹とも元気にしています。 ただ、お母さんの状態が良くないので、もう少し預かりたい」 熱がでて、体力がかなり落ちてるんやって。 分娩に長く時間がかかりすぎたのがそもそもの原因。 そらそうですよね。 ご飯いらんっていうねんもん。 食べないで戦っていたって事やし・・・ 熱も40度近くに上ってるんやって。 ただ、この一日目にして、赤ちゃんから離してしまうと育児放棄してしまうかも知れへんし、 そうなったら4匹ものベビーの世話はとても負担になる。 だから、私は 「時間が許すなら、もう少しユックリさせておいてもらって、 少しでも落ち着いたら、今晩はみんな連れて帰ります。 で、明日朝一番に連れて行きたい」 とお願いしました。 一晩、私から離れるのも彼女にはとても不安な事だと思います。 ましてベビーと離してしまうのはこれからのベビーにとっても良くないし・・・ 昨日と、今日 ほんまにしんどい決断をしなくちゃいけない場面がたくさんで 頭からが出そうな気分になりました。 細かい”るなの出産”の流れは、知りたいとの要望があれば、 こちらのブログにもアップしますが綺麗なものじゃないし、 別ページを作ろうかと考えています。 見てくださってる方の意思でクリックしてもらわないとね。 とにかく、産まれて1時間の 初めてのベビーを見てください。 かなりのドラマを持って 産まれてきてくれてた素晴らしい女の子です。 mai iroiro 072.jpg 体重180g 毛色はたぶんチョコタンダップルと思われます。 レアカラーですかね~鍊 mai iroiro 073.jpg 「ねじゅみ見たいやにゃいのよ?! ちゅかれてるねんから、もぞもぞしんといて~な」 取り出してから、ちゃんと体を舐めていました。 るな・・・ありがとね。愛してるよ~
スポンサーサイト



17 : 19 : 10 | 今日のるな | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |