スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
10.5.4 セミナー
2010 / 05 / 05 ( Wed )
写真もないので、覚え書き。


田辺先生にもあのレッスンを見てもらった。
課題はスルー。


バーの落下には注目されなかったということは、
「気にすることではない」ってことだと思う。


まずは、コースを自分の検分で走る。
そのことについても細かくは修正を言われなかった。


”ミニの子はどんどんと前に走っていく”
”だけど、上達してくるとリアを選択する場面もある”
”それは成長のしるし”



回り込むスルーの狙いがやっぱり甘い。
角度もないし、意識を高めるトレーニングを強化。
その課題がはっきりと浮き彫りになったし、
自分で思っていたことが、田辺先生に見てもらっても、
同じだったということが、
もあちゃんのみならず、私も成長したんだと確認できたと思う。

こつこつと、やってきてよかったね~



「本当によくなりましたね」
「身体能力も高いし、10秒は縮まります」
「クリッカーの反応もいい」

・・・クリッカー。先生のいい音してたな。
欲しいかな(爆)
しかも、もあを見たのなんて、3回くらいしかないのに、
覚えてるなんて・・・






後は、スルーの狙いの練習。
私自身の動きがもう、お笑いでまったく理解できない状態・・・
先生に、「今度噛み砕いて教えてください」とお願いしてきた(爆)



あと、のりのりでやってるときの状態を切らないこと。
切れると、”今のはだめやったんかな?”と教えることになる。
1000分の一秒で、ご褒美を出せるようにしとくこと。
そのタイミングをもっと突き詰めていくと、
スムーズに理解させることができる。

ちょっとのことで、犬の邪魔をしてしまう。
余計なことをなるべくそぎ落として、
シンプルに、単純に、タイミングよく。
そのことを考えていくと、もっと伸びよい成長が見れそう。
名前も呼びすぎない。
気をつけること。



まさるが、なにも考えないでシーソーに乗った。


本当に単純なこと。
私たちが、”シーソーはガッチャン☆ってなるねんな~”と思ってるから、
警戒をしてしまい、それが犬に伝わる。
そういうこと。


まさるは、四本足で上ることに躊躇しなかった。


体で教えてくれた、子犬の姿にまた可愛いと思ったよぅ。
おちっこは困るけど(爆)
へばりつくまさるは可愛いぞ。

田辺先生にも、「いい性格してる」って褒められとった♪




最後に、障害から、障害の間のスピードを上げたい。
そして、最近ほかのワンコのレッスンを見て、
鼻を鳴らすようになったことはいいことなのか?
を質問した。


「もう、どんどん見せてください」
それで失敗することは、まったく問題じゃない。
失敗するからって後ろ向きなレッスンにするのではなく、
その状態で、クリアできるようなレッスンを入れればよい。
レベルアップのしるし。

それができたら、自然と障害間のスピードは上がってくる。
今のまま、モチベーションをキープできるレッスンを続ける。



秋には変わっていますよ。
夏の練習しだいですよ。うしし。


ナイターに頑張って行こうね(爆)


MACの先生達の努力の賜物だということは、
田辺先生にも伝わったセミナーでした。
「よく頑張っているから、MACのレベルが上がってきてる」
そうおっしゃっていました。


ありがたいことです。
もあちゃんも、先生のおかげでアジリティーが何かってわかって来た。
これからも、こつこつ頑張ろうね。


本当に楽しいセミナーでした。





スポンサーサイト
12 : 15 : 24 | MOREアジリティ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さぼるの結果 | ホーム | さてドギーズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lunamore.blog47.fc2.com/tb.php/404-879645e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。