スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
赤い斑点見っけ
2010 / 10 / 04 ( Mon )
赤い

先日見つけた、なんだこれ?





けんかでもしたかな?と思ったけれど、
おなかにできた事なんてない。
できたとしても次の日には引いているはず。
それが、2日たっても消えない。


考えれば、考えるほど、怖い”内出血”



今日、先生に見せに行きました。


予備知識として、勉強したけれど、
「たいしたことないですよ」と言って欲しかった。



結果、

”突発性血小板減少症”



血小板の値が極端に下がり、
小さな出血でも止められない状態。
免疫が強くなりすぎている。




軽くぶつける、
体のなかの細かい血管が破れる。

そんな症状は、自己治癒力にて通常なら見つかる事もない。
それが、血小板の減少によって改善できずに表面に”内出血”の形で見つかる。



通常 20万~50万あるはずの数値が、
今日の血液検査の結果で、 4000しかなかった。



「ちぃも止まらんわな・・・」



そりゃそうだ。
止血の作用をしてくれる物質が、ないに等しいんやもん。




最悪は、脾臓の摘出、骨髄の検査など、
怖いことを沢山聞かされました。


でも、目も歯茎も、耳も状態はいい。
内出血のみ。
目の充血、耳からの出血や鼻血をだしたりする場合が多いとのこと。
粘膜ですな。



なので、今のところは免疫を抑制する狙いで、
ステロイドの投与で様子を見て行くことにしました。
名前を聞くだけで怖い薬のイメージだけれど、
選択肢のなかで、一番効果を期待できて、しかも体の負担も少ないとのこと。
費用の面でも。



副作用は、

吐き気、多飲・多尿、血便、胃粘膜へのダメージからのトラブル・・・・


ふぃーーー。



苦しいならかわいそうだな。



でも、うまく副作用が出てこない場合もあるそう。
こればっかりは、やってみなくちゃワカラナイ。



ただ、救いは、
瑠奈吉はいたって楽しそう。
気分もいいし、ご飯もおいしい。
うんにょも出たし、おちっこも正常。

熱もないし、痒くもないし・・・


階段もるんるんあがったり降りたりするし、
留守番を頼んでもいつもと同じでわがままな反応(笑)
血小板が低いだけで、顔色もよい。
このまま、うまくいけばいいな。



考えれば、考えるだけ、怖いし涙も出るけれど、
私がしっかりしなくちゃ☆

人には言えるけれど、できる自信がない・・・
でも、頑張る。



お昼に病院から帰って、一回。
夜ご飯の時に一回。
二回のステロイド投与が終わっていて、今はぐっすり眠ってます。


お仕事に連れてもいけるし、
私には支えてくれる人がいる。
だから、頑張る。


だから、瑠奈吉は必ず克服できるのだ。



泣かない。
泣かない。
泣かなーーーーい。








スポンサーサイト
23 : 35 : 14 | るな闘病記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斑点のその後 | ホーム | ぴかぴか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lunamore.blog47.fc2.com/tb.php/411-7ba1fc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。