スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
まとまること
2013 / 02 / 03 ( Sun )
また地震。

なんやろうな。
淡路の時に
「こんなん、二度とないやろう」
って思ったけど…

あった。
起こった。

そういう時代に生きてる。
やからこそ、めぐり会った人もいる。

もう、選べないから、
寄り添ってやっていくしかなくなった。
理想とか、思想とか、
こうあるべきだと叫ぶ自分もいる。
でもね?
情けなくて、みっともなくて、
なんやねん!って思う気持ちもある。

何かしてもらったら、
ありがとうしか言えない。

ほんとうにそうかな?

信頼関係がある相手に、
何かしてもらったなら、正直に

ありがとうと思わなかったけど…
でも、ありがとうなんだよ。

とも言えたりする。

この差はことのほか大きい。
人の心の上にしか成り立たない。
ときに「甘え」と混同するけれど、
「甘え」なのかどうかを判断するのは自分ではない。


相手にかかってるんやけど、
「あれはね?甘えててん」と伝える事はできる。
そうやって、疑問を溶かす事は出来る。


なにかの作用で一気に飛び越えたとしても、
そう言うことをやるのはこの場合、
私では無い気がする。


「甘えてしまったんだ。」
それさえあったら、
腑に落ちないことが残ったとしても、
そんなもんかなぁって思うことができるのかも。


なんていうか、悔しいね。


けれど、物事は二通り。
男と女も、本当の感情も。


一緒くたにまとめて考えるのは男なんやろう。
やから急に爆弾が落ちてびっくりするんや。

それとこれとは別のこと。
大切な事はそこに無いけど、
ここにもあるって事。


届けることは可能性だから、
やって行こう。
私のもやもやとは別の事。
彼らの必ず来る未来へ。
私が過ごしてきた過去を過ごす彼らへ。

やってやろう。
すぐにレスがあったと言うだけで勇気になるね。


自分のものだと自覚してもらうのだ。
あなたの毎日はあなただけのもの。
さぁ。
いつかのために、どうやって笑おうか?


そんなことを。
スポンサーサイト
00 : 37 : 40 | まいまい | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ネイル | ホーム | きんにく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lunamore.blog47.fc2.com/tb.php/438-fdcdb391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。